MENU

発毛と育毛

薄毛になった時、初めて「育毛」と「発毛」の違いを知りました。
考えて見れば言葉が違うのですから、違うのは当たり前なんですよね。
美容師さんに頭髪の状態を見ていただいたのですが、「ストレスが原因ではないか?」と言われました。

 

この不景気で、会社の経営に色々悩んでいたようです。
髪がやせ細っているから、「育毛」をして、髪を元気にすることが必要だと教えていただきました。
そのアドバイスは、薄毛になってきたら、毛を生やす!いわゆる発毛をするのだと思っていた私には、ちょっとびっくりでした。

 

ドラッグストアに行き、「育毛剤」を探しました。
そういう見方をするとちゃんと箱に書いてあることに、初めて気づくことができました。
主人は当初「禿げたら全部そってやる!すっきりする!」などと言っていたのですが、買ってきたボトルを目の前にして「やる気」になっているように感じました。
私は黙って応援するだけです。

 

これ以上ストレスを与えないように、髪の話はしないようにして、私はボトルが空になる前に黙って買い足すことだけしていました。

 

あれから、6か月。髪はすっかり元気になってきました。
細々とパサつきながら、弱々しく生えていた髪は、しっかりと根を張り太くなって、艶も出たような気がします。
これでアベノミクス効果が実感できたら、髪は10代の様にフサフサとするかもしれません。

 

おかげ様で色々と未来が楽しみになってきました。

 

 

 

⇒専門治療でも発毛効果が得られます!ヘアメディカルクリニック公式HP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スマホでもタブレットでも!