MENU

抜毛症は心療内科?

 

脱毛症

AGAと脱毛症は直接関係無いのですが、良く話しに出る事なのでちょっと掲載させて頂きますね。
抜毛症の場合、心療内科に通う人がよくいます。しかし、これは正解ではありません。抜毛症を治療する場合は、精神科に行くのが正しいです。

 

精神科に行くとなると、なんとなく怖いというイメージがあって受診しにくい感じがありますが、抜毛症は心療内科ではなく、精神科に通うべきです。
心療内科は内科的役割が強いからです。精神科は、不安や強迫観から抜けられないような場合に行く科で、精神に不快感や苦しみを抱える人が行くところなので、抜毛症は精神科が正解になります。

 

抜毛症は、精神的衝動にかられて、自分の頭の毛や体の毛などを引き抜いてしまう癖の病気で、無意識に毛を抜いたり、毛や毛が抜けた部分にできたかさぶたを食べたりする症状がでます。
原因は衝動制御障害なので、心理的、精神的ストレスを解消しなければなりません。

 

総合病院の精神科がおすすめで、内科的な検査の必要があった時でも便利です。
抜毛症になった時は、気が進まないことはやらないようにし、気力体力が大きく減退していることを考慮して、疲れないようにすることです。

 

精神科に行った時、今の現状をしっかり相談するといいでしょう。

 

 

スマホでもタブレットでも!